一般社団法人 漁業ブ

konishi6@mac.comの記事一覧

イベント, …
post image
Read More

東京にてコラボ漁師会を開催しました。

先日は、富山の漁師の網谷さんをお招きして、三陸水産サミットで出会った大学生もお誘いして漁師会を開催しました。 網谷さんが巨大な平目や真鯛、烏賊にのどぐろに白エビなど素晴らしい魚を富山から送っていただいて、皆んなで捌く楽しい会に。(青空レストランに出たこともある)網谷さんもユニフォームに着替えて、漁港食堂が東京にやって来た感じで最高です。 松田さんと網谷さんのコラボメニューで、ピンチョスから平目のセ...

富山・新湊漁港にてシロエビ漁解禁の水揚げを見学

2024年4月1日に、富山・新湊漁港にて、シロエビ漁解禁の水揚げを見学に。獲れたてのシロエビは卵まで透明でキラキラして本当に美しく、富山湾の宝石とはまさにこのことですね! シロエビはすっかり富山の人気ブランドになって、全国区のメディア取材も沢山きていましたが、今年の初日の水揚げは400kgぐらいとまず順調だったようで良かったです。獲れたてのシロエビを漁師さんにいただいて、その場で殻ごといただきまし...
イベント, …

「北陸応援Sea to Plate PJ:富山・新湊漁港で漁師会!」を開催しました。

2024年3月31日に、富山・新湊漁港ミナトキッチンにて、一般社団法人漁業ブ主催の「北陸応援Sea to Plate PJ:富山・新湊漁港で漁師会!」を開催しました。 シロエビ解禁に合わせて、滑川ホタルイカや新湊の春告昆布を始め、素晴らしい富山湾の朝どれの海の幸を、漁師さんと一緒に食べる企画。震災後の1月に新湊にうかがってGNL明石さんとお会いしてから、北陸の漁業のために何か一緒に出来ないかとの話...
漁業体験ブ, …

岩手大学の三陸水産研究センターを訪問しました。

釜石にある岩手大学の三陸水産研究センターへ。海が目の前にあり、海洋環境や資源管理・サケの増殖研究など、水産研究教育の中核センターとなってる場所。 先日東京で漁師会にお越しいただいた斎藤先生にお出迎えいただき、海洋環境変化のデータに基づく授業と、実際に三陸の海の水を採取してマイクロプラスチックを顕微鏡で見つける体験をさせていただきました。 マイクロプラスチックは、ポリエステル衣類やペットボトルの水に...
イベント, …

3/15-16 第1回水産未来サミット@三陸に参加しました。

漁業ブで、3/15-16に気仙沼で開催された水産未来サミット@三陸に参加しました。新世代の水産イノベーターが全国から集結して凄い熱気に。さまざまなアジェンダが議論され、アクションプランも推進していくなど、ここから新しい水産の未来を生み出すコミュニティの誕生を感じました。 日本全国から志高い漁師や水産業関係者が集い、持続可能な水産業を実現させるための熱い議論が交わされた価値ある2日間。資源管理・流通...
漁業体験ブ, …

大船渡で帆立・浅利養殖漁場見学体験をしました。

漁業ブチームで三陸にて漁に出てきました。この日は大船渡の岡田さんご夫妻の船に乗せていただき、牡蠣とアサリの養殖場を見学させていただきました。ゴレンジャーみたいなツナギがいい感じです。 海藻の沢山ついた牡蠣の殻をナタで切り分ける作業も船上で行い、この作業を延々と行う大変さを実感。現場で体感しないと、ふだんスーパーで買う水産物にかかっている生産者の手間やこだわり、生き物の尊さなどの価値に気づけないこと...
イベント, …
post image
Read More

可不可サロン×山口ふぐ&獺祭night!を実施しました。

1月26日に麻布十番「可不可サロン」様にて、「漁業ブ」で今年初めてとなる漁業者様をお招きしてのイベント、山口県のとらふぐと日本酒をご堪能頂く「笠戸島幸ふくと獺祭のコラボディナーディナー」を開催いたしました。 笠戸島幸ふくとは、山口県東南部に位置する下松(くだまつ)市の南端、瀬戸内海に浮かぶ笠戸島にて、東風浦(こちうら)ご夫妻が獺祭の焼酎粕を使って丹精こめて育て養殖しているとらくふぐです。通常、養殖...
魚を食べる
post image
Read More

マグロ料理 桂城(那智勝浦)

日本には漁港が全国で3,000近くあるそうですが、漁港の近くには、魚の美味しい店がある、という法則に従って、那智勝浦では港近くのマグロ料理の名店、桂城に伺ってきました。途中シャッター商店街を通ると、関西人にはおなじみの那智黒黒あめの看板がずらっと並び、那智黒=那智名産ということが初めてつながりました。 桂城はマグロを1匹丸ごと仕入れ、冷凍ものは一切出さず旬のマグロを提供。マグロ一筋で極める店主が頭...
イベント, …
post image
Read More

和歌山県・那智勝浦漁港のマグロの競り見学と市場朝食

漁業ブツアーで和歌山最南部の那智勝浦港にやってきました。ここは生マグロの水揚げ量日本一の港ですが、熊野古道にも近いせいか、小さな町ながら外国人観光客もかなり見かけます。 近海で獲れたマグロで冷凍しないため、漁船も焼津や気仙沼などに比べて小型ですね。早朝から鮪の競り見学をさせていただきましたが、小さい町で市場のアクセスも徒歩で、こんなに近くで鮪の競りを見られる港はないかも!と気に入りました。 お腹が...
イベント, …
post image
Read More

近大水産研究所・大島養殖実験場を視察しました。

和歌山を下って、紀伊半島最南端・串本までやってきました。今回の漁業ブツアーの目的はマグロです。ここには近大マグロの養殖実験場があり、マグロの完全養殖を研究している第一人者の澤田好史教授にお会いしてきました。 2002年に世界初のクロマグロの完全養殖が成功して話題になった近大マグロですが、成魚までの歩留まりは5%程度で技術的にはまだまだ発展途上だそう。また近大マグロの出荷量はむしろ減少しており、クロ...
konishi6@mac.com